こちらのサイトでは、オーダーメイドの補聴器について解説しています。
既製品とは異なり、自分の耳の形(穴の形など)に合わせてつくることができる、聴力の状態に応じて最適化されるなどの特徴やメリットがあります。
また、医療費控除の対象になるための条件、寿命や長く使い続けるためのコツ、お手入れのコツなどについても触れているので、買い替えを検討されている人や難聴などになり耳の聞こえ方が悪くなった人など、役立つ情報満載です。

オーダーメイドの補聴器の情報まとめ

オーダーメイドの補聴器の情報まとめ 補聴器は専門店に出かけることで購入は可能ですが、価格帯も買いやすいものから高価なものまでさまざまです。
値段が高いものとなると経済的な負担も大きくなりがちですが、医師の診断で補聴器が必要と診断が下された場合、所定の書類を確定申告の際に提出すると医療費控除の対象になります。
補聴器にはいくつかの種類がありますが、既製品以外にもオーダーメイドでつくることもできます。
例えば、耳の穴に入れるタイプの補聴器は、耳の形や穴の大きさなど個人差がありますし、聞こえ方も様々です。
既製品の耳あな型もありますがオーダーメイドなら自分に合ったものを装着できるメリットがあります。
なお、寿命はメンテナンス次第で変わりますが、聞こえ方が悪くなってきたときなど早めに専門医への相談がおすすめです。

オーダーメイド補聴器はこんなに魅力たっぷり。

オーダーメイド補聴器はこんなに魅力たっぷり。 補聴器は耳にかけて利用する耳かけ型と、中に挿入して利用する耳あな型があります。
オーダーメイドで作成するのは後者の耳あな型です。
これは耳の内側にある外耳道に装着するものですが、この部位は個人によって太さや曲がり具合、あるいはシワの状態が全く異なります。
既存品では着け心地に納得できないという方は意外に多いですから、オーダーメイド補聴器で対応することをお勧めします。
オーダーメイド補聴器を作るためには、耳型採取という作業が必要になります。
文字通り耳の形を細かく確認するための作業で、3Dスキャンを用いるか硬化剤を用いるかの2パターンがあります。
後者については耳の中に印象材と呼ばれる歯医者で歯型を調べる際にも用いられる硬化剤を流し、これによって装着部位の細かい部分までの型を採取します。
そして、これらの方法で採取した型を使って、その人にピッタリとフィットする補聴器が作成されます。
自分専用の補聴器を利用するメリットは、フィット感だけではありません。
耳あな型なので自然な聞こえが実現すること、耳介に収まることから周囲から装着していることがバレにくいこと、さまざまなカスタマイズが可能であることが挙げられます。
カスタマイズの具体例としては、色を自分好みにできたり、着脱の際に便利なつまみを付けることなどが考えられます。

大阪の補聴器情報について詳しく知りたい

大阪 補聴器