オーダーメイド補聴器のメリット

オーダーメイド補聴器のメリット オーダーメイドの補聴器は既製品の商品と比べて、使い心地が良く聞こえやすいというメリットが特徴です。
まず、耳の形は一人ひとり異なるため、フィットさせるためには補聴器の大きさや形を変えなければなりません。
耳の大きさはもちろん、耳の外側から鼓膜にかけての中の形状も個人によって様々です。
耳にぴったりはまることで眼鏡やマスクを併用させやすく、日常生活を快適に過ごせます。
見た目も目立ちにくくでき、オシャレをより楽しみたい方にもおすすめです。
また、フィットすることにより補聴器を装着する際の違和感も最小限に抑えられ、ほとんどストレスなく使用できる使い心地もメリットとなります。
今まで補聴器を使っていたけどあまり使い心地が良くないと悩む方や、これから購入しようと考えている方は、ぜひオーダーメイドの製品を選んでみてはいかがでしょうか。
毎日のように使うものなので、より使い心地が良く装着簡単な商品を選ぶことをおすすめします。

補聴器のオーダーメイド!デメリットを踏まえておくことも大事

補聴器のオーダーメイド!デメリットを踏まえておくことも大事 補聴器のオーダーメイドにはデメリットもあります。
あまりに見位にフィットしすぎるので、耳の穴に隙間ができにくい場合があるのです。
隙間が少ないほうが音が聞きやすそうだと思う人もいるでしょう。
しかし実際は、自分の声の反響によって聞き取りにくくなってしまいます。
また、聴力に変動が合った場合に適応しにくいケースも珍しくありません。
汎用的な補聴器は多くの人に対応できるように、幅を持った調整を行えるようになっています。
一方、オーダーメイドの補聴器は対象の人に最適なカスタマイズを行うのが一般的です。
そのため調整に幅を持たせておらず、わずかにでも聴力が変わると一気に性能が落ちた状態になってしまいます。
その他のデメリットとしては、メンテナスや修理が簡単でないことが挙げられます。
それらには専用のパーツが必要ですし、カスタマイズを行えるスタッフが担当しなければなりません。
ですから、正常な状態に戻すのに時間がかかるケースもあるのです。