オーダーメイド補聴器のお手入れのコツ

オーダーメイド補聴器のお手入れのコツ その人にとってベストな補聴器を手に入れることのできるオーダーメイドですが、お手入れのコツを知りケアをすることで良い状態で長持ちをします。
耳に直接的に装着をするので、考えている以上に汗や耳垢が付着するためケアは必須です。
精密機器に当たるのが本体であり、高性能ではあるもののデリケートですから、湿気や発汗の多さには強くはありません。
湿気と水分過多な洗面所などに放置すると劣化をすることになりますから、使用後は毎回乾燥ケースに入れてしっかりと乾燥をさせることです。
耳へときちんと音が伝わらなくなるのは、補聴器のマイク部分や穴の箇所に耳垢が溜まることであり、定期的なお掃除も必要になります。
乾いた清潔な布や専用お掃除キットなどを利用して、定期的に補聴器の本体を優しく丁寧にお掃除することです。
取り外しのできるポケット型や耳かけ型ならば、耳栓のところは水洗いをすることができます。
水洗いできるものなら、その後にしっかり乾燥をさせることも必要です。

補聴器のオーダーメイドで気をつけておくこと

補聴器のオーダーメイドで気をつけておくこと 言葉が聞き取りにくいと言ったことで補聴器を検討する場合、いくつか気をつけておくポイントがあります。
それは今の症状など自分に合ったものにすることなので、その状況も相手がゆっくり話すと聞き取れるということがあれば、お店で良く相談する事です。
自分に合ったものをという事では補聴器もオーダーメイドすることができます。
できるだけ目立ちにくいもの、小さくて聞き取りやすいものなど、気になるところはよく相談をします。
補聴器もどのようなシーンで使用するのか、機能面も変わってきます。
最近はリモコンで設定を変えることができるものもあります。
リモコンを使うものはノイズなど心配されている人もいますが、実際そのような心配は必要なくオーダーメイドならしっかりとした補聴器にも仕上げられます。
このように最近は機能的にも良くなってきている事もありますので、今の自分の状況を良く認識してその状態に合ったものに仕上げることがポイントです。